人口学研究会

人口学研究会

入会するには
人口学研究会への入会には会員2名の推薦が必要です。入会を希望なさる方は会員に御相談いただくか、あるいはメールで御相談ください。

会員には、ほぼ毎年発行している研究叢書『人口学ライブラリー』(原書房)が無償で配布されます。

紀要(報告要旨等)
前年の報告要旨等は以下から ダウンロードできます(2017年版)。最新の紀要 創立50周年記念号(2008年)

人口学研究会事務局
〒192-0393
東京都八王子市東中野742-1
中央大学 和田研究室
ホームページに関する問い合わせ
総務幹事(HP担当) 丸山
更新履歴
  • 2017年 
  • ▽  役員(2018-19)更新
    ▽「報告要旨等2017年」追加
    ▽「過去の報告」を追加
  • 2016年 
  • ▽ 「報告要旨等2016年」追加
  • ▽ 「過去の報告」を追加
    ▽ ホームページリニューアル
  • 2015年 
  • ▽  役員(2016-17)更新
    ▽「報告要旨等2015年」追加
    ▽「会費納入方法の変更」追加
  • 2014年
  • ▽「報告要旨等2014年」追加
  • 2013年
  • ▽  役員(2014-15)更新
    ▽「報告要旨等2013年」追加
    ▽  執筆要領更新
  • 2012年
  • ▽「報告要旨等2012年」追加
  • 2011年
  • ▽  執筆要領追加
    ▽「創立50周年記念号」追加
    ▽「報告要旨等2011年」追加
    ▽  新ホームページ開設
人口学研究会は、1958年に中央大学の故・南亮三郎教授が創設した研究会です。
人口および人口問題について、理論的、実証的あるいは政策的に幅広く研究しています。
現在100名をこえる会員を有し、統計学、経済学、社会学、医学・生物学、地理学、
歴史学など多岐にわたる視点から研究しています。

最新の予定

第607回定例会(14:00~17:00)

  • 寺村 絵里子 会員「女性のライフコースの変化と再就職」(女性のライフコースの経済学・人口学)
  • 報告者未定

  • 会場:調整中

    報告・執筆要領

    ※定例研究会・アカデミー報告者の方へ
    報告時間はお一人約50分、その後質疑応答30分です。
    レジュメは、20部ほどご用意ください。ただし叢書の配布がある日など、参加者の増加が予想されるときは、5~10部ほど多めにご用意ください。

    ※プロジェクタ使用を希望する場合は、各自PCを持参してください。

    報告終了後は、下記情報を総務幹事:中川までお伝えください
    (紀要に掲載されます)。
    報告要旨(800字以内)
    英文タイトル(邦題の英訳でなくても、内容を示した自由な英語表現で可)
    ●ご自身の氏名ローマ字表記 (例 NAKAGAWA Masataka)

    ▽ 研究叢書の執筆要領は以下からダウンロードできます。
       執筆要領

    会費納入方法

    2017年度会費の未納の会員は会計幹事に連絡の上、下記の口座宛へ振り込み下さい。
    なお、請求書・領収書が必要となる場合や本件に関してご不明な点は 幹事・鈴木まで、メールにてお問い合わせください。

    1. 年会費    ¥ 5,000
            *地方会員及び学生会員は¥ 2,000

    2. 振込先
                  ゆうちょ銀行からお振込の場合】
             銀行名:ゆうちょ銀行(金融機関コード9900)
             店番: 008
             預金種目:普通
             口座番号:44707951( 8 桁)
             口座名義:人口学研究会


           他の銀行等からお振込の場合】
             銀行名:ゆうちょ銀行(金融機関コード9900)
             店名: 008 (ゼロゼロハチ)店
             預金種目:普通
             口座番号: 4470795( 7 桁)
             口座名義:人口学研究会


    *お振込手数料はご負担いただきますようお願い致します。
    *振込用紙等は送付いたしませんので、郵便局に備え付けの用紙または銀行振り込みをご利用ください。
    *個人名にて振込をお願い申し上げます。 万一、 ご所属先名等でのお振込みの場合は会計幹事までご一報いただければ幸いです。

    新刊案内

    佐藤 龍三郎・金子 隆一編著(2016.7)『ポスト人口転換期の日本』,原書房.
    過去の出版物
    inserted by FC2 system